阪神南地域の自然保護や自然豊かで美しいまちづくりの実現を目指して、

武庫川河川工事で失われるクロマツの保全活動、
鎮守の杜、街路樹・公園・河川の環境保全、他の自然保護団体とのネットワーク化、

自然環境シンポジウムの開催などに取り組んでいます。


9月11日に、猪名川の源流である大野山の自然観察会を実施。

12月には、尼崎市魚つり公園でクロマツの植栽を企画中です。

来年2月頃に、自然についての講演会の開催を予定しております。